スキャルピングが学生におすすめな理由について

スキャルピングとは?

FXとは、Foreign Exchange、つまり外国為替取引の略称なのですが、近年では外国為替取引としてではなく、外国為替証拠金取引を指す言葉として使用される機会が大半を占めています。FXでは、通貨の売買がメインとして扱われる投資方法になります。日本国内にいるとあまり実感する機会はないかも知れませんが、日本の円、アメリカのドル、ヨーロッパのユーロなど、世界で使用されている通貨は常に価値が変動しています。その変動による通貨の値動きによって利益を出すのがFXになるのです。

スキャルピングとは、FXにおける主な取引方法のひとつです。スキャルピングは、非常に短い時間で細かい利益を沢山積み上げる方法の取引スタイルになります。塵も積もれば山となるということわざのように、大きな勝ちを狙わず、コンスタントに利益を出すことを目標とした取引スタイルになります。ポジションを保有してから決済するまでの時間が、数分から数秒というかなり短い時間での売買を積み重ねるスタイルがスキャルピングになりますので、一日に何度も決済を繰り返すような手法で利益を上げる事になります。

FXには、色々なスタイルがありますが、実際にトレーダーの方が積極的に行っている手法のひとつですので、実用性があることは実証されています。FXは一つのスタイルに特化するのではなく、場の流れを見ながらその時の状況に適したスタイルで勝負するようになりますので、そういった意味でもスキャルピングはしっかりと抑えておいた方が良いと言えます。

メリット

FXのメジャーな取引スタイルのひとつとなっているスキャルピングは、細かく利益を積み重ねていきます。その為、大きな儲けは期待できないかも知れませんが、その分、大きな負けになってしまうリスクを最小限に抑えることもできます。FXで安定した利益を生み出すためには、ある程度の経験が必要となります。そういった経験を得るといった面から言っても、取引回数が極端に増えることになるスキャルピングは、非常にメリットの大きなスタイルだと言えます。

また、損失幅を限定することができますので、自分の資金の動きを計算しやすいといったメリットもあります。他にも、一般的なFXスタイルの場合には、仕事をしている時であったり、寝ている時間などに相場が急変してしまい、想定外の損失が出てしまうリスクがあるのですが、スキャルピングでは、ポジションを翌日以降に持ち越すオーバーナイトを行いませんので、仕事や睡眠をとっている時などに大きく相場が動いたとしても問題ありません。

細かい取引スタイルとなりますので、どうしても軽視されがちなのですが、スキャルピングの基本を抑えることができれば、その先でスキャルピング以外のスタイルで勝負するようなことがあったとしても、基礎はしっかりと学べていますので、問題なく取引する力を身についているはずです。

学生におすすめな理由

基本的には未成年の方はFXをすることができませんが、FX会社の中には、高校生を除く18歳以上の方なら口座の開設が可能となっている会社も出てきています。その為、最近では学生の方の中にも積極的にFXにチャレンジする方が増えてきています。FXの投資スタイルの中でも、特に学生の方に人気があるのがスキャルピングです。

スキャルピングは、学生のライフスタイルや経済状況、経験の少なさなどを踏まえた上で、最もメリットの大きな取引スタイルとなっています。例えば、スキャルピングの少ない資金でも十分に利益を出すことができるといった特徴も、学生の方にしてみればありがたいスタイルだと言えます。スキャルピングでは、ハイレバレッジを多用することができるのですが、他のスタイルでハイレバレッジにチャレンジしてしまうと、どうしても大きな損益を出しかねません。

しかし、スキャルピングでしたら、リスク管理をしながら損失を限定しつつ高い利益を出すことが可能となっていますので、資金の少ない学生の方にとってメリットが大きくなっているスタイルなのです。他にも、忙しい学生の方は、FXにまとまった時間を取れないという場合があるかと思いますが、スキャルピングでしたら、すきま時間で稼ぐことができます。

行う際の注意点

スキャルピングを始める際に注意して欲しいのがスプレッドの存在です。一般的な取引スタイルとは違い、非常に細かく取り引きしていくことになりますので、どうしてもスプレッドのコストが多くなってしまいます。もちろん、最初にFXをはじめる時に選ぶことになるFX会社選びの段階でスプレッドが狭いところを選んでおけば問題ありませんが、そうでない場合には、大きな負担となりかねません。

また、スキャルピングは、その取引スタイルの特徴として細かい変動に対して敏感に動く必要がありますので、チャートに張り付く必要があります。わずかな動きも見逃さないようにしなければいけませんので、スキャルピングをしている時には集中しなければいけません。大きく負けるリスクこそ少なくなっていますが、それでも疲労が蓄積されやすい取引であることは間違いありません。

もうひとつ注意して欲しいのが、全てのFX会社がスキャルピングを認めているわけではないということです。スキャルピングは、他の取引スタイルと比較して、過度にサーバーに負荷をかけてしまいます。そのためスキャルピングを禁止している所もあるくらいです。これからスキャルピングにチャレンジするというのであれば、まずはご自身のFX会社がスキャルピングを認めているかをチェックするようにしましょう。