スキャルピングとは?メリットや難しさなどご紹介

資産運用とスキャルピング

老後の資金であったり、お子さんの進学費用などのために、投資にチャレンジされる方が増えています。特に2020年の最大の注目を集めた新型コロナウイルスショックなどによって将来への不安を抱え、本業とは別に収入先を作っておかなければという方が増えました。

しかし、様々な副業がありますが、大半が本業に支障をきたしてしまうようなものだったり、負担は少ないものの、収入も少ないといったものが多く、就業時間が終わってからアルバイトをした方がマシかもと思っている方も多くなっています。

本業をおろそかにできないけど、空いた時間で効率的にお金を稼ぎたいという方におすすめなのが、投資などの資産運用方法です。資産運用と言えば、アパート経営や駐車場経営、最近増えてきたトランクルーム経営などのイメージがありますが、すでに不動産を所有していないと中々成り立たない資産運用になりますので、誰もがチャレンジできるといったものではありません。

そこでおすすめしたい資産運用方法が、FXや株などの投資です。FXや株でしたらパソコンやスマートフォンさえあればチャレンジすることができますし、初期投資費用も抑えることができます。勉強しなければいけない事も多いのですが、それでも現実的に考えて選べる選択肢のひとつだと言えます。

スキャルピングの基本情報

まずはこれから資産運用に本格的にチャレンジしようと思っている方のために、FXとスキャルピングの基本的な情報を紹介していきます。そもそもFXとは、サラリーマンの副業だけでなく主婦や学生の方にとっても大人気となっている投資手法です。主婦の方は、家事や育児の合間にチャレンジすることができますし、学生さんや社会人の方などは、自宅だけでなく通勤、通学中の電車の中でも資産運用をすることができます。

FXは為替変動によって得た差益を選る資産運用方法です。例えば、アメリカのドルと日本円とでの取引だったとしたら、アメリカドルが安い時に日本円で購入し、アメリカドルが高くなった時に売却すれば、その差額分だけ利益を得ることが出来ます。また、逆に所有している通貨を高値の時に売却し、安くなったら買い戻すということも可能です。

これまでFXについて興味がなかったという方には、あまり気にしたことがない内容かもしれませんが、国の通貨というものは常に価値が上下している流動的なものです。その国の景気であったり、社会情勢などによって大きな影響を受けます。政治的な要因や経済的な要因などが複合的に影響して通貨の価値は変化します。こういった変化が生じることによって、FXでは利益を得ることができるのです。

スキャルピングの利点

FXには色々な手法がありますが、中でもスキャルピングには、手軽さという初心者を引き付けるメリットがあります。スマートフォンひとつで簡単に資産運用をすることができますので、色々と用意する必要がありません。

投資や資産運用というとどうしても身構えてしまいがちですが、スマートフォンでアプリゲームで遊ぶような感覚でアプローチすることができると言ったメリットがあります。それを可能にしているのが、スキャルピングというアプローチ方法なのです。

スキャルピングは色々なアプローチ方法のあるFX投資の中でも、最もスピーディなアプローチです。他の投資方法と違い、すぐに結果が表れますのでモチベーションを保ちやすいといったメリットがあります。また、すぐに結果が出るという事は、利益がマイナスになった瞬間に損切りをすることができます。

基本的に有名どころの通貨ペアでしたら大暴落などはないのですが、少しマイナーな通貨で国の情勢が不安定な場合には、数時間で急落といった事も考えられます。そういった時に他のアプローチ方法では気付かずに大きな損を出してしまうかも知れませんが、スキャルピングでしたら被害を最小限に抑えることができるのです。

スキャルピングの難しさ

スキャルピングはリスクも少なくメリットの多い資産運用のアプローチ方法ですが、その一方でデメリットや難しい面も持ち合わせています。スキャルピングをする際に注意が必要なのが取引をする時間帯です。通常、FXは平日はほぼ24時間取引可能です。

しかし、地球には時差がありますので、時間帯によって取引をしている国が変わってきます。お国柄などが影響し、同じ通貨ペアを扱っているのに動きが大きく異なるケースが出てくるのです。

例えば、夕方から夜中まではヨーロッパのトレーダーが参加し、夜中から明け方はアメリカのトレーダーが参加する傾向があります。日本人のトレーダーの多い明け方から午前中とは違った動きをするので、見極めるのが非常に難しくなっています。

他にも、スキャルピングでは細かく取引をする際の売買の判断に正確性が求められます。初心者の方にとって、その値がどのように上下するかの判断は難しいものです。

もちろん最初は、あまりお金をかけずにチャレンジしている方も多く、そこまでシビアになる必要はないと考えがちです。しかし、スキャルピングをしている限り、常に売買の判断を迫られることは慣れるまでプレッシャーに感じることでしょう。

スキャルピングの注意点

これからスキャルピングにチャレンジするというのでしたら、事前に注意すべきポイントをチェックしなければいけません。スキャルピングは、メリットばかりに目が行きがちですが、注意すべきポイントを抑えておかないと、大きな損失に繋がってしまいます。

例えば、スキャルピングを始めようとしたときに、既に契約しているFX会社ではNG行為になっていたようなケースです。スキャルピングは1日の中で何度も取引ができます。そのため、サーバーに負荷がかかりやすくなってます。多くの人がスキャルピングを同時に行えば、サーバーがダウンする可能性も考えられるため、スキャルピング行為を禁止しているところも増えてきているのです。

また、自分の予想した方向と逆の方向に価格変動が起こった時には、早々に見切りをつける必要があります。すでに予想外の事が起きているのにナンピンといって、損切りせずにポジションを持ち続けたり、買い増しをしてしまうような行為は控えるようにしましょう。

スキャルピングをしている時には、どんな状況になっても、冷静に状況を客観視することができるメンタルを持ち続けなければいけません。最初は少額だけの投資とし、回数を重ねることによって、そういったメンタルを鍛えていきましょう。

FXのはじめ方

スキャルピングの事を理解したら、いよいよFXにチャレンジしていきましょう。FXを本格的に始める前に、まずはデモトレードで簡単な流れを練習しておくとスムーズです。デモトレードは登録不要、利用料金無料のタイプを選ぶと雰囲気を知ることができます。デモトレードですので、本番ではできないような事などにもチャレンジし、色々な経験を積んでください。

デモトレードである程度の雰囲気を掴めたら、次は実際にFXにチャレンジしていきましょう。FXを始めるためには、FX会社を決めFX専用の口座を開設する必要があります。基本的にFX専用の口座の開設は無料となっていますので、どのFX会社でも開設することができますが、サービスの内容や得意分野などが会社によって異なるのでしっかりと選ぶようにしてください。

FX専用の口座の開設が完了したら、FXを利用する際の元となる証拠金を入金します。FX専用の口座を作った会社が提携している銀行でしたら、インターネットバンキングからの入金手数料が無料になります。また、24時間いつでもすぐに反映されるようなサービスもありますので、銀行の営業時間外にやり取りすることが多いような場合には、提携している銀行の口座を用意しておくのもおすすめです。ここまで行ってFXの前準備は完了になります。あとは、入金した金額を元に注文を入れていきましょう。