スキャルピングと他の取引手法にはどんな違いがあるのか!

スキャルピングの特徴

令和の時代に突入して、資産運用の存在がますます重要性を増しています。特にFXはその知名度から多くの人から人気の高い資産運用です。しかし、FXには様々なスタイルがあり、その中から自分にあったものを見つけ出すことが重要視されているのです。では、スキャルピングと他のトレードスタイルにはどんな違いがあるのでしょうか。

まず、スキャルピングは1日のうちに何度も取引を繰り返すという特徴があるトレードスタイルです。そのため、集中力と体力が必要だといわれています。自分の中で集中力が途切れないようにする工夫をすることが重要なのです。また、トレードを繰り返すためスプレッドコストが膨大なものになります。FX業者の中には低スプレッドのところもあるので、積極的に利用していきましょう。損切りについてはスキャルピングは他のトレードスタイルよりもコントロールしやすい傾向にありますが、この損切りを間違えると今までの利益を溶かしてしまう可能性があるため気を付けましょう。また、FX業者の中にはスキャルピング行為をしていることによって口座凍結をしてくるかもしれません。事前にスキャルピングを認めているところを選びましょう。このようにスキャルピングは非常に難しいトレードスタイルです。知識だけでなくしっかりとした相場感を意識的に養うことを前提に取引してください。

どのようなトレードスタイルにおいてもFXの世界では知識を深めてテクニックを身につけることによって勝率が上がっていきます。その中でもスキャルピングは初心者でも結果が出やすいため、興味を持つ人が多いとされているスタイルです。スキャルピングについて知ってFXを楽しみましょう。

自分ルールを定める

一度ポジションを保有したら数日間や数週間という長いスパンを前提としているスイングトレードのような中長期的な取引とは違い、スキャルピングは数分、数秒単位で取引を繰り返すという超短期的な取引となっています。そのため、利幅が少なくなってしまうため、結果として何度も取引を繰り返すことになります。

また、スキャルピングはエントリータイミングが非常にシビアであるトレードスタイルです。スイングトレードは中長期的な視点でチャートを捉えているので、たとえエントリータイミングが数秒遅れても致命的なミスにはなりにくい傾向になります。しかし、スキャルピングは1秒単位で利幅が動くためチャートから目を離すことが出来ないのです。もちろん、これは決済をするタイミングにも同じことが言えます。

このような精神力を使うトレードスタイルとなるため、体力面には十分気を付ける必要があります。毎日トレードを行っていると集中力が途切れてしまい予期せぬミスをしてしまうことも考えられます。また、性格的にこのようなトレードが向いていないということも考えられるため、自分の適性と向き合い、決められた時間に複数セットのトレードをこなすなどのルールを定めるなどの工夫が必要な場合もあります。

スプレッドの存在

スイングトレードやポジショントレードのように、一年のうちに数えるほどしか決済を行わないトレードではあまり気にならないスプレッドの存在ですが、デイトレードやスキャルピングのように何度も取引を行うトレードスタイルの場合にはそのコストが積み重なっていきます。特にスキャルピングは1日に数十回も取引を行うこともあるため、非常にシビアな感覚でスプレッドと向き合う必要があるのです。

スキャルピングのトレードスタイルの特性上、スプレッドのコストは必要なものですが、FX業者の選び方を工夫するだけでそれを軽減させることが出来ます。スプレッドコストは業者によって違うため、低スプレッドの業者を選ぶようにしてみましょう。たとえ微々たる金額でも回数を重ねることによって大きな違いになります。そんな「チリも積もれば山となる」という気持ちを忘れずにスプレッドと向き合うようにしてください。

しかし、FX業者によっては信頼性が低く取引自体が成立しないというところもあります。海外のFX業者などの場合では必要な情報が日本語以外の言語で通知されることがあるため、非常事態の時にも理解が出来ないまま対処出来ずに終わってしまうということも十分考えられるのです。そのため、FX業者の信頼性にも注目する必要があるのです。

損切りについて

これはスキャルピングだけに限ったことではありませんが、損切りというのはFXトレードで利益を出すための最低限かつ最大のポイントとなります。人は損失を抱えるとその損失を認めたくないがあまり、過度な妄想を抱いてしまいがちです。しかし、それ以上傷口を広げる前に自分の決めたルールに従ってきっちりと損切りをするということが、極めて重要な意味を持っています。

この損切りにおいてスキャルピングは素早く取引を行うという特性上、極めて傷口を少なく終えることが出来ます。逆を言えばスキャルピングは損切りをすることで初めて成立するトレードスタイルということも言えるのです。そもそも、スキャルピングは利益自体が大きなものにはならないという特徴を持っています。そのため、損切りのタイミングを間違えて大きな損失を生み出せば、その積み重ねた利益が一気に吹き飛ぶ恐れもあるのです。

損切りは上級者でもそのタイミングを掴めないと言われるほど難しいものです。そのため、最初のうちはデモトレードで様子を窺ってみましょう。相場に慣れてきたとしても多くの資産を動かすことを控えて少額取引をすることをお勧めします。そのときに負けたとしても授業料だと思い、反省を次に活かすような取引を心がけることが重要です。

口座凍結を避ける

気を付けなければいけないポイントとして、スキャルピングは口座を凍結される恐れがあるトレードスタイルだという点があります。他のデイトレードやスイングトレード、ポジショントレードの場合には、余程悪質な行為をしない限り口座の凍結ということは考えられませんが、スキャルピングだけは口座凍結の恐れがあるということを注意してトレードするようにしましょう。

FX業者は取引をする際にインターバンクとやり取りをしますが、スキャルピングを大きな資金で行なった場合には、それが間に合わず業者が損失を負う可能性があるのです。また、データのやり取りも増加するためサーバーが重くなる危険性があります。サーバーに負荷がかかると約定力が低くなり業者の信用問題に関わるため、スキャルピングを禁止しているところが多いのです。

そのため、スキャルピングを行いたいというときには、業者がスキャルピングを認めているのかどうかを知る必要性があります。しかし、業者が公に「スキャルピングOK」と明言しているところはほとんど無いため、インターネットの口コミ評価などを調べなければいけません。このときに使用感などの他のポイントも調べることで自分に最適なFX業者と巡り合うことが出来るでしょう。

相場経験と知識が大切

デイトレードやスイングトレード、ポジショントレードなどはチャートの動きなどからどのような展開をしていくということを予想し、それに基づいて利確、損切りのラインを決めるというトレードスタイルとなっています。もちろん、スキャルピングも同様のテクニックを使いますが、それだけでは安定して勝利することが難しいとされているのです。

スキャルピングが難しい理由としては保有期間が極めて短いため、どのような動きをするのかという情報材料が少ないということが挙げられます。また、利確や損切りを決定する時間にも瞬発力が求められるため、例えば一秒間悩んだだけで大きく局面が変わってしまったということも考えられます。そのため、知識だけではなくチャートの動きを見て直感的に判断をする力も求められるのです。

もちろん、この「直観的な判断力」と「闇雲なギャンブル感覚」を履き違えてはいけません。豊富な知識と相場経験、さらにトレード技術を併せ持つことによって成り立ちます。そのため、スキャルピングを行うときには様々な理論の研究はもちろんのこと、実際にポジションを保有して経験を蓄積させることが重要となっています。冷静かつ大胆な判断力を身に付けることによって勝ちが積み上がるのです。