スキャルピングと他の取引手法の違いについて

スキャルピングとは?

色々な資産運用方法を考えた時に、これまであまり資産運用について考えてこなかったため、知識も浅くどの資産運用方法が良いか迷ってしまったら、とりあえずFXをおすすめします。FXは、資産運用の初心者から上級者まで、しっかりと資産運用にチャレンジすることができる選択肢です。FXの良いところは、リスクを自分で操作することができるということです。単純に資産運用とはどのようなものなのか、FXとはどのようなものなのかを知るといった形で、少額だけ用意してチャレンジしながら、資産運用に触れ、経験することができるといったメリットもあります。

また、FXには色々なアプローチの仕方があります。それぞれのライフスタイルであったり、資産運用の目的などに合わせて選ぶことができるというのもFXの魅力のひとつです。FXには、デイトレード、スイングトレード、ポジショントレード、スキャルピングの4つの手法があります。スキャルピングとは、頭の皮を剥ぐというインディアンの行いから来ている言葉で、非常に短期間で薄い利益を確保する取引方法になります。非常に短期間で行いますので、負けのリスクがとても小さいというメリットもあります。

スキャルピングの特徴

スキャルピングの特徴は、何と言っても利益を得るまでの時間の短さにあります。スキャルピングは、本当に短い時間でアプローチをすることができますので、例えば忙しいサラリーマンの方が、食事をしながらであったり、電車を待っている時間などで気軽にチャレンジすることができます。忙しくて資産運用する時間を確保できないという方にとっては非常に魅力的な資産運用のアプローチ方法だと言えます。このスキャルピングは、瞬間的に利益を得ることができます。投資家にも色々なライフスタイルの方がいます。そういった手軽さからも、個人投資家の間で爆発的なヒットになりました。

また、スキャルピングのリスクを軽減することができるといったメリットも忘れてはいけません。特に近年の新型コロナウイルスショックであったり、アメリカと中国の関係の悪化などにより、上昇トレンドにある通貨ペアもすぐに潮目が変わってしまうリスクが増えてしまいました。そのため、短期間で市場が変化することが増えてきました。このように、世界情勢が安定していない状況ですと、長期間ポジションを保有するメリットよりも、リスクが高くなってしまっているのです。そういったことから、スキャルピングといったFXのアプローチ方法が人気となってきているのです。

ポジショントレード

ポジショントレードは、スキャルピングとは全く逆の意味を持つアプローチ方法です。ポジショントレードとは、数か月から長いものになると数年単位で運用して利益を出す手法です。そうした長期間の運用をすることによって、利益を安定させる狙いがあります。FXなどの場合、上昇トレンドと下降トレンドがあるのですが、長い目でみると安定する傾向があります。長期的な流れを予測をした上で腰を据えてアプローチするのがポジショントレードの特徴です。

ポジショントレードのメリットとして挙げられるのが、スキャルピングと違いスマートフォンやパソコンの前にかじりついている必要がないという事です。チャートの動向は気にしますが、常に張り付いているようなアプローチはせずに、ゆったりと時間をかけて取引をすることができます。

しかしポジショントレードの場合には、トレンドの方向をしっかりと見通す能力が必要になります。トレンドの方向を見誤ってしまうと、損切が遅れてしまい大きな損失を献上してしまうリスクがあるからです。また、ポジショントレードに資金を費やしていると、その分の資金は長期間使用することが難しくなってしまうといったデメリットもあります。

デイトレードの難しさ

デイトレードはスキャルピングやポジショントレードとは違い、1日単位で決済するトレード方法になります。スキャルピングのように1日に何度も売買することもできますが、そこまであくせくせずに対応することができます。例えば専業主婦の方が家事の合間におこなったり、定時で帰宅してからベッドに入るまでの時間などの数時間で行う事ができます。スキャルピングよりも時間を大きく取っておりますので、差益が大きくなりやすいといったメリットもあります。

しかし、当然ながらスキャルピングよりもリスクが大きくなりやすいといったデメリットもあります。株よりも動きは穏やかだとは言え、リスクはスキャルピングよりも大きくなりやすく、早めに損切をすることができなければ、やはり大きな損失を出しやすい手法でもあります。特に逆張りをしていたり、米ドルと日本円などのメジャーな通貨ペアではなく、少し値動きの激しいマニアックな通貨にチャレンジしているような場合には、デイトレードで大きな損失を出しやすくなっています。もし、FX初心者の方がチャレンジするのであれば、手堅いアプローチが必須となります。メジャーな通貨ペアをえらびつつ、投入する金額を控え目にしてチャレンジしましょう。

スイングトレード

スイングトレードは、スキャルピングやデイトレードよりも長い期間を使って売買するアプローチ方法です。スイングトレードでは、数日単位での中期的トレードを行っていきます。スキャルピングやデイトレードのように、毎日集中してアプローチすることが難しい子育て中の主婦の方であったり、本業が忙しいという方におすすめの手法です。ポジショントレードのように、結果が出るまでに数か月以上かかるものとは違い、数日で結果を出すことができます。毎月収入を得たいという方におすすめの手法になっております。

またデイトレードとは違い、その日のポジションを翌日に持ち越すことができます。そのため、良いポジションを確保していた場合には、翌日も同じポジションからアプローチをすることができるのですが、アメリカと中国がそれぞれの領事館を閉鎖するなど、社会的に大きなニュースなどが発表されるようになると、大暴落をしてしまうリスクは高まります。特に現在は新型コロナウイルスの影響によって世界情勢が不安定になってしまってきておりますので、通常の値動きよりもふり幅が大きくなりやすい状況になってしまっております。そういったリスクをしっかりと理解した上でスイングトレードを行う必要があります。

スキャルピングの難しさ

デイトレード、スイングトレード、ポジショントレード、スキャルピングの4つの手法には、それぞれメリットとデメリットがあります。その為、自分の知識量や技量、手法との相性などによって選ぶことが重要になります。わたし個人の意見としては、初心者の方は、FXの事を理解しやすく、リスクの調整ができるスキャルピングがおすすめなのですが、アプローチの方法は、個人で吟味して選ぶようにしましょう。

スキャルピングも他のアプローチ方法と同じく、やはり難しいと言える部分もあります。例えば、スキャルピング自体がまだ新しいアプローチ方法という事もあり、不確定要素が多く、勝ちパターンが確立されていないといった事があります。ポジショントレードの代表格ともいえる積立NISAのような勝率の高いパターンが存在していないため、自分で試行錯誤をしなければいけないという事があります。

特にスキャルピングは、短期間で相場を分析しなければいけなかったり、売買の判断が必要です。FXの動きに慣れていない初心者の方にしてみたら、どうしてもハードルが高いと思ってしまうのかもしれません。しかし、何度もやり取りをすることによって、短期間に経験値を積むことができるといったメリットもあります。最初の頃は、少額だけ利用して流れや売買のやり取りの経験を積むことに専念しましょう。