スキャルピングの難しさとメリットについて知っていこう!

スキャルピングの極意

現在、日本に忍び寄る貧困層の拡大という問題。こちらは限られた人たちの問題ではなく、普通に正社員として働いている一般層にも強く警告される問題となっています。その理由が終身雇用制度の崩壊と外国人労働者の受け入れによる社会制度の変容です。これまでのように普通に働いているだけでは安定が得られない国になっていく以上、FXなどの資産運用についての知識が必要不可欠になっています。

FXの中でも短期的なトレードスタイルであることで知られるスキャルピングですが、こちらは多くの利益を一度に獲得できないという特徴を持っています。しかし、その分損失額を限定することが出来るのでリスク管理を安定することが可能なのです。また、取引が多いため、安易に取引を重ねてしまうと損失をいたずらに広げてしまうことになってしまうため注意しましょう。初心者のうちは取引を重ねながら相場感を養うということも考えられます。レバレッジを大きくすることで一度の取引で多くの利益を獲得することが出来ますが、しっかりと損切りをするようにしましょう。為替変動リスクについてはスキャルピングは強いという特徴を持っているので、買い戻しを狙って利益を作るという手法もあります。しかし、スキャルピングは体力がいるトレードとなるため、最初のうちは十分に余裕を持って行うのがお勧めです。

様々なトレードスタイルがあるFXは、自分に合った最適なものを探すことから勝率を高めることが出来ます。そのため、もしもトレードスタイルについての知識が無いまま相場に参加しているという人がいたら自殺行為になるため、この記事を読んでから参加すると良いでしょう。

損失額の限定

スキャルピングは数秒から数分という短いスパンで取引を繰り返すという特徴を持っているため、どうしても利益が少なくなってしまうという特徴を持っています。また、取引の回数が多くなるにつれて負けてしまう回数も増加傾向になってしまいます。そのため、取引に慣れていない初心者のうちにスタートしてしまうのは危険だという意見も少なくありません。

しかし、その逆を返せば損失額を小さく抑えることが出来るトレードスタイルだという見方をすることもできます。そのため、しっかりトレードルールを徹底することによって損失を限定させることが出来るのです。細かいスキャルピングを行うときには必ずルールを徹底しなければいけません。それは損失を大きくすることを防ぐというFXトレードの大前提として語られることが多いポイントですが、一度の取引にシビアにならざるを得ないスキャルピングではこれを徹底させていきましょう。

損失額の限定という視点で見れば、オーバーナイトをすることが無いというトレードスタイルをメリットとして挙げることが出来るでしょう。ポジションを翌日以降に持ち越すオーバーナイトは、世界情勢の変化や大きな市場の急変などによって予想外の損失を生み出すことがあります。しかし、スキャルピングはその日のうちに取引を終えるため安心です。

取引回数の多さ

初心者のうちにスキャルピングを行うときには非常に注意が必要です。大きな値動きを狙うデイトレードやスイングトレードとは違って、スキャルピングは小さな値動きの中にもトレードチャンスを見つけることが出来ることから余計な焦燥感が生まれ、勝負しなくても良いときにトレードを行ってしまい、損失を出してしまうことが多々あるのです。さらに良くないのが、その損失を取り返すためにトレードを行いまた傷口を広げてしまうということです。

そうならないためにも、初心者はどのようなときにトレードを行うのかということについて意識を働かせておかなければいけません。その一方で、スキャルピングを行う「レンジ相場」はFXの中でも7割を占めているため、このトレードスタイルはいつでも利益を狙うことが出来る究極のトレードスタイルだという捉え方も出来るのです。

上級者の中には、普段はデイトレードやスイングトレードをメイントレードスタイルとして活用していながら、スキャルピングを併用しているという人もいます。そのため、エントリーのタイミングさえ掴むことが出来れば、コツコツと利益を積み上げることが可能となっています。また、初心者のうちはどうしても市場感を掴むのが難しいという悩みが生じがちなので、取引を実際に行いやすいスキャルピングが向いているとも言われているのです。

レバレッジについて

スキャルピングには、その特徴としてどうしても利益が少なくなってしまうという一面があります。そのため、いくら取引を成功させたとしても満足できる利益が出なくなってしまい、トレード自体に旨みを感じることが出来ないという悩みを持つ人も少なくありません。特に初心者のうちはトレードが上手くいく回数も少ないため、よりFXから遠ざかってしまう確率が高まります。

もしも資金面で不安だという人がいるのならばレバレッジがお勧めです。レバレッジとは資金を元手にしてより大きな取引をすることが出来るというものです。国内のFX業者は法律の関係上25倍という制限がありますが、海外のFX業者ならばそれよりも断然大きい800倍というレバレッジをかけることが出来るというところもあります。こうすることによって大きな利益を獲得することが出来るのです。

ハイレバレッジ取引をするときに覚えておかなければいけないのが「損切り」の概念です。スキャルピングは損失を限定しやすいトレードスタイルとなっているため、リスク管理をすることが他のトレードスタイルよりも易しくなっています。そのような特徴を生かしながら冷静な判断を繰り返していけば、小さい資金で満足のいく利益を狙うことが可能になっていくのです。

為替変動リスクとは

FXをするうえで避けることが出来ないのが為替変動リスクに対する影響です。ポジションを保有するときに大規模な為替変動が起こったとき、それに対処することは難しいとされています。近年で起こった目立った為替変動としては2001年のアメリカ同時多発テロ、2008年のリーマンショックなどが挙げられます。スキャルピングにおいてもその影響は無視することが出来ません。

しかし、スキャルピングは為替変動リスクに対して強いというメリットもあります。それは保有する時間が数秒から数分と他のトレードスタイルと比べても圧倒的に短いという特徴を持っているからです。そのため、何かしら変動が起こる予兆があるときにはポジションを保有するのを止めることが出来ます。リスク管理を徹底することで大きな損失を自らの手で防ぐことが出来るのです。

また、このような大きな変動を利用するという手法もあります。為替の大規模な変動が起きたときに敢えてポジションを保有することによって大きな利益を獲得することが出来るのです。例えば、ヘッジファンドなどがその強大な資金力を使って市場を掻き乱したとしても、利益を確定するためにどこかしらで正常に戻さなければいけません。その瞬間を突くことが出来るのは数秒に命を燃やすことが出来るスキャルピングトレーダーだと言われています。

根気が必要となる

エントリータイミングがどのトレードスタイルでも肝になっていますが、スキャルピングはその重要性が群を抜いています。保有する期間が長いスイングトレードなどは多少タイミングを間違えたとしても挽回できる可能性が有りますが、スキャルピングのように数秒の間に取引を終えてしまうスタイルの場合、エントリータイミングで利益になるかどうかが決まってしまうというシビアな世界となっているのです。

そのため、しっかりと短期足のチャートを読み、ポイントを見定めて新規注文を入れるようにしましょう。そのためにはしっかりと集中力を持続させることや、自分の思い通りの展開になるまでエントリータイミングを待つことが出来る根気が要求されるのです。そのため、スキャルピングには体力が必要になります。十分な休息を取りながら行わないととんでもないミスを誘発する危険性があるのです。

細かい作業が続くスキャルピングですが、その特性上いつでも取引チャンスを窺うことが出来るという特徴も持っています。そのため、副業にも向いているトレードスタイルだということが出来るのです。休日の余裕のある時間帯などにしっかりと腰を据えて行うのも良いですし、移動時間などにチャートを見て取引をするという上級者も存在します。